2017年4月18日

和田岬線の旅

▲山陽本線DE101053ほか 和田岬 1990-8

さて嵐電の後は叡電か京津線・・・と普段ならこうなりますが、この日は一路兵庫県へ。
向かったのはこちら、和田岬線こと山陽本線和田岬支線。朝夕しか動かない、座席のないオハ64を体験するのが目的でした。
▲兵庫-和田岬 1990-8

兵庫駅の専用ホームで待っていると、DE10に牽かれてやって来ました。
広い構内ですが、左側の側線の辺りは後年マンションだらけになってしまいます。
▲いずれも兵庫 1990-8

凄まじい混雑と聞いてきたので身構えていると、まだラッシュにかかっていないのか意外にまばらでした。普通のスハ43も連結されていますが、ここは当然オハ64に乗り込みます。
▲いずれも兵庫 1990-8
 
▲兵庫-和田岬 1990-8

工場地帯を眺めているうちに、2.7キロの旅はあっという間にオシマイです。
昼間は列車が来ない和田岬ですが有人駅で、入場券まであったのは意外でした。
▲和田岬 1990-8

帰路もガラガラ、拍子抜けですがお蔭でじっくりと車内を観察できました。
この名物列車も90年秋にキハ35に交代、更に2001年には現在の103系へと変化していきます。

▲兵庫 1990-8

2 件のコメント:

  1. モハメイドペーパー2017年4月20日 8:48

    オハ64の存在は知っていたけど、運転時間が限られているので、ついに乗れずしまいでした。ほんとに車内は何もないですね。

    返信削除
  2. モハメイドペーパーさん

    話には聞いていましたが、実物を見たときは私もびっくりしてしまいました。
    画像には写っておりませんが、座席がない側の反対側にはロングシートが3つくらい、申し訳程度に置いてあったと記憶しています。この直後にキハになってしまいましたので、まさに最後のチャンスでした。

    返信削除

コメントはフリーでお受けしています。ただし管理人判断で削除することもありますのでご了承下さい。