2017年10月29日

カナリア電車 世代交代

▲上毛電鉄クハ36ほか 粕川-膳 1989-5

長らく戦前の古強者が闊歩してきた上毛電鉄ですが、1977年から西武の351+1411形コンビが転入し始めると様相は一変。創業時からのデハニ50形や旧社型など個性派が先ず廃車、その後急速に置換えが進んでいきます。

しかし情報がサッパリないのは相変わらずで、様子は如何にと立ち寄ってみると西武車は総勢16両の大所帯になっていました。
▲デハ101 大胡 1980-5

かつて雑多なカナリア電車がひしめいていた大胡車庫は妙に小ざっぱりしてしまい、デハ100形2両に加えて若干の休車がいるだけでした。
まずはこちら、デハ81に代わって貨物用に残ったデハ101です。
出自は様々ながら、西武所沢工場で鋼体化工事を受けて似たような車体になった3両が一列につながれていました。
デハ104はこの後101の予備車になりますが、出動の機会は殆どありませんでした。基地の中央には早々に引退した旧青梅のクハ501が据えられています。
▲いずれも大胡 1980-5

こちらは西武所沢工場が手持ちの部品をかき集めて造った、異色のデハ181。

クハ61はルーツが成田鉄道の木造客車という代物です。
最後まで残った仲間は、結局デハ100形を除いて全鋼車体に載せ替えたものばかりでした。

デハ100形一派でもこちらは淘汰の対象となったデハ102。
▲いずれも新里 1980-5

さてそれから時代が下って、西武コンビがすっかり板についた頃。駅舎が改築されたりコンクリート電柱も増えたりと、確実に変貌していました。
▲粕川-膳 1989-5

▲粕川 1989-5

在来車の命運を分けたのは、小型且つ両運であることでした。
結局最古参のデハ101に白羽の矢が立ち、平日朝の0.5往復ながら定期仕業も残って1997年の引退まで命脈を保ちます。この頃、塗色はカナリア色から淡いオレンジに変わっていました。

カナリア電車現役の頃 →→ こちら

▲いずれも大胡 1989-5

▲こちらは等級制時代。この頃はデンシャも垂涎ものばかりでした

2 件のコメント:

  1. カナリア色の電車もいいですが、「東京電環」いいっス!!
    東京からだと熊谷から先は「電環」でしたからね。これからもお宝を披露くださいな。

    返信削除
  2. maru-haどの

    予想どおり、そう来ましたね!
    今だと「車内で精算して」となりますが、以前はほとんどの私鉄に都区内行きの常備券がありました。今だに残っているのは岳南くらいでしょうか。

    返信削除

コメントはフリーでお受けしています。ただし管理人判断で削除することもありますのでご了承下さい。